復縁できる冷却期間の過ごし方

   

元カレとの復縁を望んでいるとき、冷却期間は3ヶ月おく方がいいとか、期間は開けない方がいいとか、色々な情報を目にしているかと思います。

冷却期間をおいた方がいいと考えるのは、「気持ちが落ち着いてくるので、別れてしまったことを考え直せる。冷静になることで、もう一度やり直してみたいと思うようになる。」

このような効果を狙ったテクニックの一つかと思います。

しかし、ただ元彼と接触しない時間を作ったり、距離を置いたとしても、それだけでは復縁することは難しいです。

心の底から彼に愛されて幸せな毎日を2人で一緒に過ごしたいのなら、いつまでもテクニックに頼っていては、その幸せをもう一度手に入れることはできません。

テクニックを使ったから彼の気持ちが戻ってくるのではなくて、「あなただから愛される!!」がいいですよね♪

そんなあなたとご一緒に、復縁できる冷却期間の過ごし方について見ていきたいなと思います。

スポンサーリンク

テクニックではなく、心の底から愛されよう!

そもそもなのですが、どうしたら元彼と復縁することができるのでしょうか?

別れた元彼にもう一度自分のことを好きになってもらえたときに、彼があなたとやり直したいと思い、復縁につながるのですよね。

ということは、別れている期間にあなたがすることは、

「同じ過ちを二度と繰り返さないためにも、別れた本当の原因を取り除く」

になります。

“冷却期間”という言葉に惑わされてしまうと、

「そっか、冷却期間は3ヶ月おけばいいんだ。じゃあ、彼に連絡するのはそれまで我慢しよう。」

と考えて、ある程度時間が経ったら「もう大丈夫な頃でしょ!」と、いきなり元彼に連絡をする。

しかしこれでは、失敗する確率が高くなるだけです。

なぜなら、別れた当時のあなたのままで復縁を迫っても、彼の心は動かないからなんですね。

ちょっとキツイかもしれませんが、彼はあなたとの関係に何らかの不満を抱いたから、別れるという選択を取ったのです。

別れを選んだ彼も、それまでとても悩んだと思います。

たくさん考えて、たくさんエネルギーを使って、「別れる」という道を決心したのですね。

その決意をひっくり返すことができたとき、彼の中にも「復縁したい!」という気持ちが芽生えるのです。

そのためにも、別れることになった原因を見つけて、その原因を根本から取り除く必要があります。

元彼の中にも「復縁したい!」という気持ちが芽生えるとき

では、別れることになった原因はどこにあるのでしょうか?

それは、あなたの心の中に潜んでいます。

あなたの中に潜んでいることなので、「私の自分勝手なところがいけなかった」とか、「彼を束縛してしまったのが悪かった」とか、そういった表面的な部分ではありません。

自分勝手に振る舞ってしまったこと、束縛してしまったこと、など、これらを引き起こしている原因があなたの中に潜んでいます。

ですのでいくら彼に合わせたところで、束縛を止めたところで、表面的な部分を改善したとしても上手くはいきません。

一時的にはよくなったとしても、また別の理由でフラれたり、嫌われたりしてしまうからです。

なぜなら、問題を引き起こしてしまう根本的な原因があなたの中に残ったままだからです。

プリントアウトされた資料に誤字があって、それを修正テープでなおしたとしても、データそのものをなおさない限り、また誤字のある資料が印刷されてしまいますよね。

これと同じように、根本から原因を取り除いてしまわない限り、ただ冷却期間をおいたところで何も変わりません。

しかし、ここで根本からきれいサッパリと原因(ブロック)を取り除けたら、あなたが元彼から「愛されない理由」もなくなるわけです。

すると距離を置いている期間中に彼の心の中にも「復縁したい!」という気持ちが芽生えるようになります。

そのときに、彼の方から連絡が来るかもしれませんし、あなたから連絡してみてもいいかと思います^^

テクニックとして冷却期間をおいたり、距離をおいても上手くはいきません。

離れているときに根本的な原因を取り除いてしまうから、彼と復縁することができるのです♡

復縁できる冷却期間を過ごしましょうね♪

囲み枠


・復縁無料メール講座
 復縁に絶対必須な秘訣

・彼があなたを大好きになってしまう!
 元カレと復縁して自分史上最高に愛されるプログラム

お問い合わせ

ブログランキング


にほんブログ村 恋愛ブログ 復縁・復活愛へ

 - 復縁と冷却期間